2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« ネットワークは速くなっていない | トップページ | LED電球は本当にエコか? »

2009年8月28日 (金)

NTT-NGNのネイティブ接続事業者選定

 NTT-NGNのIPv6接続で、ネイティブ接続をする事業者は、8/21が締め切りで申し込みの受付が行われていたが、これについての報道がいくつか流れ始めている。申し込みは4社以上あったため、接続予定のISPの契約数による選定作業が11/30を期日として行われることになる。

 申し込んだ事業者としては、ソフトバンクグループのBBIXと、NTTコミュニケーションズの子会社であるNTTPCの名前が出ている。NTTコミュニケーションズとNTTぷららが申し込まなかったのは、子会社のNTTPCが申し込んでいるのだから当然のこと。記事ではNTTコミュニケーションズはトンネル方式で行くとか言っているようだが、本当のところはどうだか分かりゃしない。NTTグループが突出したイメージにならないように芝居してるんじゃないか?NTTPCが選定されさえすればいいのだから、競合との契約数比較で負けないように適当に振る舞うことだろう。

 それにしても、ネイティブ接続事業者の選定基準は謎だ。NTT東の約款によると、接続するISPの契約数の合計の多い順となっているが、NTTのNGNに接続することになる契約数とは書かれていない。ソフトバンクなどは、NTT-NGNを使っている契約数は少ないだろうに、Yahoo!BBのADSLの契約数が多いので勝てることになる。なんだかおかしい。

 他の申し込み事業者はどこだろうか。

 ソフトバンクが申し込んでいるなら、KDDIも申し込んでいそうだ。

 Biglobe-Nifty-IIJ連合は、IIJで申し込んでいるだろう。IIJにはNTTグループの資本が入っているが、出資比率は30%ちょっとでNTTの子会社じゃないので、NTTPCとは別口だろう。NTT友好ISPグループって感じで。

 これで4社だが、他にはあるかな?

« ネットワークは速くなっていない | トップページ | LED電球は本当にエコか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/46048676

この記事へのトラックバック一覧です: NTT-NGNのネイティブ接続事業者選定:

« ネットワークは速くなっていない | トップページ | LED電球は本当にエコか? »