2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« ISPは本当に努力しているのか? | トップページ | ハズレ家電:CARMATE UP507/UP508 »

2009年5月27日 (水)

LTEはブロードバンドになれない

 「次世代携帯は光なみ」とかいう何の根拠もないデタラメな報道は2,3年前からあるが、依然として改まっていない。

 今回は野村総合研究所が発表し、それを無能な記者が何のチェックもせずに記事にしている

 困ったことに、こんなデタラメを真に受けて開発計画を検討しろと言い出す輩がいるので大いに迷惑だ。3GとかWiMAXとか繰り返し出てきているので、そのたびに無駄な騒ぎになる。いいかげんにしてもらいたい。

 LTEで通信速度が上がっているのは、割り当てられている周波数帯の帯域幅が拡がっていることと、電波の通信条件が良い場合に変調方式を変えて無理矢理ビットレートを上げていることによる。
 変調方式の方は、基地局に近い非常に限られた好条件の下でしか、最高速度は出ない。これはもう、物体の移動速度が光速を超えられないのと同様、情報の伝達速度は物理法則として制限されているのだから変えようがない。携帯電話のシステムとして実用上は最高速度の4分の1くらいだろう。実際上は、現在とたいして変わらないのではないかと思う。
 帯域幅については、現状より広い帯域が割り当てられるのだからその分だけ増えるのは確かだが、基地局は隣接する局との間で帯域を分け合わないといけないのだから、一つの基地局がすべての帯域幅を使えるわけではない。何分の一かになる。
 さらに、一つの基地局のエリアには多数の利用者がいて、通信帯域を分け合う。都心などであれば、数百から数千、あるいは1万もの利用者が含まれているかもしれない。現状は、ほとんどの利用者が通信をしないことによって、かろうじてサービスが成立している。都心の駅の近くなら携帯電話を操作している人の割合が多そうだから、百人単位の利用者で帯域を分け合うことになるだろう。

 結局の所、通信速度を上げるのに本当に有効なのは帯域幅の拡大ぐらいで、たかだか4倍とか6倍とかいった程度で、それとても個々のユーザがちょっと多めに通信するようになればチャラになってしまう。現在、都心などで混雑しててやたら遅くてぜんぜんつながらないとか文句を言われているエリアが、どうにか使いものになるくらいだと考えておいた方がいいだろう。

 LTEが超高速であるためには、ほとんど使われずに少数の利用者で占有できることが必要だ。しかし、そうなると利用者のコスト負担はものすごく大きくなる。ビジネスとしてはあり得ないだろう。

 LTEの通信速度に関する実態はこんなもんだが、野村総研の記事にはもう一つ大きな嘘がある。それは以下のくだり。

「上りの通信速度の高速化によって、携帯電話やカメラで撮影したハイビジョン映像をその場からネットを介して発信するといったことも可能になります。たとえば、子供の運動会の映像をハイビジョン撮影しつつ遠隔地の祖父母にライブ配信し、大画面テレビを使って臨場感あふれる映像を楽しむと いったシーンも実現するでしょう。」

 なんでこんな無責任なホラを吹く。

 ハイビジョンの映像を送るほどの帯域が確保できないのは、上に書いたとおり。運動会で何十人もビデオ撮影しているのだから、それこそ運動会の会場に専用の基地局をいくつも設置しないことには間に合わない。その基地局のコストを誰が負担するのだ。

 もう一つ大きな問題は、無線による高速通信にはそれなりのエネルギーが必要になることだ。今の携帯電話だって、大量のデータ通信をすれば、音声通話よりはるかに早く電池がカラになってしまう。ハイビジョン映像を送るなら、それに比例した容量の電池が必要になる。背中に大容量電池でも背負うつもりか。ここで燃料電池を持ち出したら、さらに大嘘を重ねることになるから要注意だ。燃料電池は、発生するエネルギーの半分が熱になる。熱を温水として利用できる家庭用ならともかく、携帯用の燃料電池は原理的に効率が悪くて実用性は低いのだ。携帯用の燃料電池を持ち出すような会社は、まず疑ってかかった方がいいだろう。

 海外でのLTEの扱いは、あくまで増大し続けるデータ通信の混雑の解消手段でしかない。なんでまた国内では、こんなノーテンキでデタラメな未来図がまかり通るのか、まったくの謎だ。

« ISPは本当に努力しているのか? | トップページ | ハズレ家電:CARMATE UP507/UP508 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/45149783

この記事へのトラックバック一覧です: LTEはブロードバンドになれない:

« ISPは本当に努力しているのか? | トップページ | ハズレ家電:CARMATE UP507/UP508 »