2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« ベーコン、ハム仕込み | トップページ | フレッツテレビのスカパー!e2信号レベルを確認 »

2009年4月18日 (土)

フレッツ光ネクスト/フレッツテレビへの移行完了

 今日NTTの工事があり、フレッツ光ネクスト&フレッツテレビへの移行が完了した。
 ルータは、PR-S300SEで、住電製のひかり電話対応ルータとV-ONU/データONUが一体になったタイプだった。単純にマニアックな興味でNEC製のものが見たかったんだが、少し残念。

P1000193

 縦置きスタンドまで含めると、高さは24.5センチで、かなり大きめ。
 側面の通気孔のパターンやLEDの位置からも、機能が上下に分かれていることが見て取れる。上半分がルータで、下半分がONU。
 左側面のコネクタ部分のカバーを外すとこんな感じ。

P1000194

 下の穴に光ファイバーが接続されていて、ONUを経由して、そのすぐ上のテレビコネクタと、そのまた上の穴に見えているイーサケーブルに出力されている。
 右上の黒い四角は、赤外線リモコンの受光部のためのものだと思われるが、機能が搭載されているかどうかは不明。

 右側面には2枚のラベルが貼られている。

P1000196
P1000197

 ルータ、ONU、それぞれにイーサのインタフェースを持つので、どちらのラベルにもMACアドレスが記載されている。
 ONU側の「<M>」は三菱製ということか?
 定格電流は、どちらにも 12V 1A と書かれている。合計で2Aということかな。
 かなりまわりくどいラベルだが、これもルータとONUを別々に製品化して組み立てているせいだろう。
 ONUのイーサの出力のところに、UNIと書かれているが、NGNのサービスの分界点の一つとして定義されているものだ。ONUまではNGNの通信設備で、ルータ部分は、IP通信上のアプリケーション端末の一種ということ。どう見ても無理矢理UNIを出しているとしか見えない。端末の認定制度やらNTTに対する法規制やらのややこしいとこがこんなとこに現れてきているのだ。あー、めんどくせ。なんとかしてくれ。
 ONUとルータがもっと一体化すれば、全体のサイズはもう少し小さくなるのだろうが、現状ではここまでだろう。

 工事時間は、架線上の光ファイバの収容替え、宅内の設置や接続確認が、それぞれ1時間弱くらい。合計2時間弱かかった。

« ベーコン、ハム仕込み | トップページ | フレッツテレビのスカパー!e2信号レベルを確認 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは( ^ω^ )

うちも明日、ネクストに変えるんですよ
プロバイダどこにしました?
うちはもっとも安いBBエキサイトさんにしました

パソコン通信の頃から使っているせいで、ずっとNiftyですねぇ。今なら、契約者数が多いところであれば、安いプロバイダでも大差ないと思うのですが、メールアドレスなどを切り換えるのが面倒なので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/44711230

この記事へのトラックバック一覧です: フレッツ光ネクスト/フレッツテレビへの移行完了:

« ベーコン、ハム仕込み | トップページ | フレッツテレビのスカパー!e2信号レベルを確認 »