2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« スカパー!光のe2パススルーをちゃんと受信できるようにした | トップページ | 日本のブロードバンドが世界最先端から転落する日 »

2009年2月 1日 (日)

VARDIA 故障 : トレイ閉まらず

 '07年11月に購入したVARDIA(RD-S300)が故障した。
 DVDのトレイを閉めても、1,2秒でゲロゲロっと吐き出してしまう。ディスクを入れずに閉めても同じ。とにかく閉めても開いてしまう。
 閉めたあとで、んにゃろってな感じで手で開くのを阻止すると、1,2度開こうとしたあとあきらめるみたいなので、そうなると正常に再生できたりする。

 ネットで調べると、かなり高い頻度で発生しているらしい。DVDドライブの品質問題だろう。幸い5年の延長保証をつけてあったので、迷わず修理に出す。たぶんDVDドライブの交換になる。保証がなかったら、交換ドライブと作業費用で1万円くらいか。(部品代1万円以上+作業費用で2万円を超えるらしい。1年後にもう一度壊れたりしたら、保証額を超えてしまう。ったく、2年で寿命かよ。)

 それにしても、購入から1年3ヶ月。ずいぶん絶妙なタイミングで故障するもんだ。DVDドライブの使用頻度は非常に低い。月に2回も使っていない。直前に使ったのは、1月始めにDVDを再生したときで、そのときは正常に動作していて、故障の予兆など感じなかった。多少利用頻度を上げたところで、通常の保証期間内に故障を起こさせることなどできなかったに違いない。ユーザにとっては、非常に危ない特性かもしれない。

 家の中を見回せば不具合の起きなかった製品の方が少ないくらいなので、これをもって不買とすべきであるとは言わないが、個人の評価として、REGZAに続いてVARDIAにもペケがついたことは確かだ。
 この際なので、これまでつけたペケについて、次回以降書き連ねてみようと思う。

« スカパー!光のe2パススルーをちゃんと受信できるようにした | トップページ | 日本のブロードバンドが世界最先端から転落する日 »

AV機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/43926482

この記事へのトラックバック一覧です: VARDIA 故障 : トレイ閉まらず:

« スカパー!光のe2パススルーをちゃんと受信できるようにした | トップページ | 日本のブロードバンドが世界最先端から転落する日 »