2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月17日 (木)

これは何? : 藍染めの猫の絵

Kc380001_2 古道具屋で買った藍染め(?)の猫の絵の入った古布です。

面白いので店にあるだけ買いましたが、いまだにどのような由来のものか分かりません。ネット検索は得意な方なのですが。

何かご存じの方は、コメントで情報提供してもらえるとありがたいです。

ひかりTV考

 地デジ再送信どころか、サービスそのものが始まったのかどうかすらはっきりしないひかりTVですが、そもそも日本でIPTVは普及できるのでしょうか。他の国の状況も整理して考えてみることにします。

 まず北米ですが、地上波放送が貧弱な状況で、ケーブルテレビや衛星放送が6割以上の家庭に普及しています。多チャンネルサービスに加入して、STBを介して視聴するのがあたりまえという状態です。配信手段がIPになるだけで、CATVと変わりないので、普及の障壁は低いと考えられます。サービス事業者が努力すれば、ふつうに普及していくことでしょう。

 欧州は、ブロードバンドサービスのおまけとして、IPTVが安価に提供されています。アクセス網がxDSLなので、映像の配信品質も高くないのですが、通信事業者と放送事業者の間に資本関係があったり、通信事業者が放送サービスをしたりしているので、見逃し番組のキャッチアップやタイムシフトのような便利な機能が柔軟に提供されることで、魅力的なサービスになっています。フランスでは、IPTVの加入者が200万くらいになっているとか。
 フランステレコムでは、昨年からGPONのFTTHの展開を開始しましたが、50ユーロで100Mbpsのブロードバンドに IPTV と国内通話の使い放題がついてくるそうです。為替レートはユーロ高ですが、購買力で換算すれば、日本のFTTHサービスよりもかなり安いと言えます。

 また、欧米のいずれの事業者とも、HDDレコーダ機能を搭載したSTBがオプションとして用意されています。HDDの容量は、160GBのものがほとんどなのですが、放送自体がH.264で提供されているので、HDの放送でも録画時間が極端に短くなることはありません。HDDの価格はどんどん下がっているので、すぐに300GBクラスに移行することでしょうから、録画時間は十分すぎるくらいになります。欧州では競争が激しいせいか、標準でHDDレコーダ版STBを提供しているところもあります。

 日本はというと、地上波放送が充実しているせいで無料で見られるという意識が強く、有料の多チャンネルサービスはあまり普及していません。放送局の締め付けが厳しいせいか、タイムシフトやキャッチアップのような便利なサービスも提供されていません。番組も地域縛りがあって、地方では大阪や東京の番組を自由に見ることが出来ません。価格も高めです。
 無料の競争相手があるというのに、高い値段を取ってたいして便利でもなく、番組も地方では限定したものしか見られない。こんな状態で普及を期待する方が無理というものでしょう。

 総務省が、IPTVの標準化に躍起になっているというようなニュースが流れていますが、携帯電話のように相互接続が必要なものと違い、IPTVは事業者が自社向けのSTBを提供し、かつSTBに他社との差別化機能を搭載することが競争のポイントになっています。標準化しなくてもIPTVは普及しているし、標準化そのものも今は期待されていないのです。ITUのIPTVの規格も、方式を統一するのではなく、いろいろな方式を併記するにとどまる可能性が高いと思われます。標準化を頑張れば新しい市場が開けるかのごとき期待の抱くのは、幻想でしかありません。世界では標準化を待たずにIPTVがどんどん普及しています。普及しないのは日本国内のことで、しかも「普及のネック」は標準化以外のところにあるのです。

2008年4月 8日 (火)

「FTTHの伸びが急減速」・・・工事キャパの限界

「FTTH加入者の伸びが急減速 総務省調査」という記事ですが、FTTHがうまくいってないということを印象づけたい意図があるように感じて、ちょっと見方が偏っていると思いました。

FTTHの工事は、既存配線がそのまま使えて局の配線をちょこちょこっといじるだけのADSLと違って、光ファイバの配線をしないといけないので、とてつもなく人手がかかります。30分もあれば完了するADSLに対して、FTTHでは3時間以上かかることも珍しくありません。

1年で300万ちょっとの増加というのは、工事にかかる作業者の総数からくる限界でしょう。現在でも、土日返上で工事をする繁忙状態が続いているようです。作業者の育成にはそれなりに時間がかかるし、安易に増やすと、FTTHの普及拡大期を越えたところで余剰人員を抱えて経営困難にもなりかねません。

一昨年に四半期80万超えをしたときには、工事待ちが2ヶ月以上になる例も多かったようで、そのときと同じ伸びを維持できているのは、たいしたものだと思います。配線や工法の工夫で待ち時間は短縮されているようですが、それでも工事業者の方は大忙しのようです。

FTTHの能力を生かした魅力的なサービスが出てきていないので、いまいち盛り上がりに欠けることは確かだし、そもそも総世帯数という限界があるので、今後は新規加入数も減少に向かうでしょうが、一昨年、昨年と新規加入数が変わらなかったという数字だけで、FTTHサービスがうまくいってない書いてしまうのは、大きな間違いです。

2008年4月 5日 (土)

アクトビラがNHKの番組を配信・・・って、タダじゃないの!?

アクトビラがNHKの番組を配信するサービスを12月から始めるとのこと。
ただし、有料で。

古い番組の視聴を有料にするのは、まぁ納得できる。維持コストだってかかってるわけで、その費用を回収することで、少しでも視聴料を下げてもらいたいものだ。

見逃した番組を、1週間程度のあいだオンデマンドで視聴することに対してカネをとるのはどんなもんだろうか。
類似の例で、英国のBBCがiPlayerというサービスで、インターネット経由で放送から7日間は視聴できるようにしているが、こっちは無料だ。そこそこ人気があって、トラフィックの増加がISPとの軋轢の原因になりつつあるとか。

iPlayerがP2Pを使ったダウンロード型で、アクトビラはストリーミングという方式の違いから、運用コストに差が出るのは、技術的には理解できる。だが、一般ユーザはそんなことは知った事じゃない。本来タダで見ることができたものが、ちょっとタイミングが合わなかっただけで有料になる。高額の視聴料を払っているのに? とんでもないことじゃないだろうか。
一本が10円、20円とかならともかく、100円取られることになったら、ほとんど利用されないだろう。NHKの番組なので、広告を入れて無料にするわけにもいかない。
どうなることやら。

2008年4月 4日 (金)

フレッツ光ネクスト開始・・・されたの?

フレッツ光ネクストのサービスが始まったみたいですが、まだネット上に書き込みは出てきてないですね。本当に始められたのでしょうか。このへんまで来るのは1年くらい先になりそうですが。

今のところサービス内容も値段も、現在使っているフレッツサービスと変わり映えしないので、個人的には移行する理由は何もありません。映像配信も今さらという感じで、魅力は感じないし。

ブロードバンドルータは新しいのが出るみたいで、JATEにもRT-S300NEという端末が登録されている。NECだけでなく、沖や住電からも出るらしい。現行よりもサイズが小さくなるなら、それだけでも移行してもいいと思うかもしれない。

NTTには、もっと頑張って、新規のサービスをいろいろと試行してもらいたいもの。でないと、せっかくのFTTHがもったいない。北米も欧州もGPONが拡大し始める気配があり、いつまでもインフラ自慢をしてられないだろうに。

赤坂サカスに行ってきました

最近話題の赤坂サカスに家族連れで行ってきました。

TBSのロビーに臨時で設置されているイベントに行ったのですが、そのイベントもキッザニアに通じるところがあるものの、いまいちショボく、周辺のレストランなども、これといって特徴があるわけでなく。

イベントで屋台が出ていたのですが、TBSの系列局の協力でしょうか、日本各地のラーメンやらなんやらが並んでいたものの、こちらもいまひとつ。

わざわざ行くほどでもなかったなという感じです。小さい子供を連れて行くような所じゃないですね。

電子点灯管の寿命・・・1週間!?

洗面所の蛍光灯を取り替えるついでに、グロー管を電子点灯管に交換した。
技術的な興味と、10年はもつとどこかで見た記憶があったので。

ところがなんと、1週間で蛍光灯が点かなくなってしまった。蛍光灯と点灯管をとっかえひっかえして確かめると、原因はなんと点灯管。もう10年めかよ!

売り場には、ヤザワという聞いたことのないメーカーと松下の電子点灯管が置いてあったのだが、ケチって安いヤザワのにしたのだった。不良率はゼロにはならないので、運が悪かったということなのだが、安い方とはいえグロー管が何個も買える値段なので、なんだか納得いかない。

レシートなんか、すぐにゴミで捨てちゃうので、交換交渉をするのも面倒だし、しょうがないので、松下の電子点灯管を買って取り替えた。その後は好調。10年は保ってくれるかな? 覚えちゃいないよな。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »