2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« アクトビラがNHKの番組を配信・・・って、タダじゃないの!? | トップページ | ひかりTV考 »

2008年4月 8日 (火)

「FTTHの伸びが急減速」・・・工事キャパの限界

「FTTH加入者の伸びが急減速 総務省調査」という記事ですが、FTTHがうまくいってないということを印象づけたい意図があるように感じて、ちょっと見方が偏っていると思いました。

FTTHの工事は、既存配線がそのまま使えて局の配線をちょこちょこっといじるだけのADSLと違って、光ファイバの配線をしないといけないので、とてつもなく人手がかかります。30分もあれば完了するADSLに対して、FTTHでは3時間以上かかることも珍しくありません。

1年で300万ちょっとの増加というのは、工事にかかる作業者の総数からくる限界でしょう。現在でも、土日返上で工事をする繁忙状態が続いているようです。作業者の育成にはそれなりに時間がかかるし、安易に増やすと、FTTHの普及拡大期を越えたところで余剰人員を抱えて経営困難にもなりかねません。

一昨年に四半期80万超えをしたときには、工事待ちが2ヶ月以上になる例も多かったようで、そのときと同じ伸びを維持できているのは、たいしたものだと思います。配線や工法の工夫で待ち時間は短縮されているようですが、それでも工事業者の方は大忙しのようです。

FTTHの能力を生かした魅力的なサービスが出てきていないので、いまいち盛り上がりに欠けることは確かだし、そもそも総世帯数という限界があるので、今後は新規加入数も減少に向かうでしょうが、一昨年、昨年と新規加入数が変わらなかったという数字だけで、FTTHサービスがうまくいってない書いてしまうのは、大きな間違いです。

« アクトビラがNHKの番組を配信・・・って、タダじゃないの!? | トップページ | ひかりTV考 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/40812497

この記事へのトラックバック一覧です: 「FTTHの伸びが急減速」・・・工事キャパの限界:

« アクトビラがNHKの番組を配信・・・って、タダじゃないの!? | トップページ | ひかりTV考 »