2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« フレッツIPv6設定ツールのトラブル | トップページ | スカパー!光 : BSデジタルパススルー開始時期決定 »

2008年2月26日 (火)

ひかりTVとスカパー!光

 ぷららの社名がNTTぷららになり、IP放送サービスが「ひかりTV」になるそうだ。

 社名はどうでもいいとして、「ひかりTV」というネーミングの方が気になる。
 字面だけ見れば、「スカパー!光」と比べると、どうしても「ひかりTV」の方が本流に見えてしまう。「スカパー!光」の方は、スカパー!としてのブランディングというものがあるのだろうが、RFかIPかの違いによる差異(実際にはこれがものすごく大きい)を除けば、放送の再送信や多チャンネルサービスとしてのコンテンツは両者では同じようなもの。よく理解していないユーザの目には、「ひかりTV」の方が普通のテレビに適したサービスに映るだろう。実際の使い勝手としては、スカパー!光の方が普通のテレビ放送に近いにもかかわらずだ。スカパー!光で地上波放送は見られますか、というような質問をWebでもよく見かけるが、これは「スカパー!」という名称が誤解されやすいことの表れだろう。

 スカパー!光とひかりTVの両方が利用できてどちらかを選ぶのなら、迷わずスカパー!光を選ぶべきだ。見ることのできるコンテンツは大差ないが、スカパー!光なら地上波やBSデジタルが普通のデジタルテレビやHDDレコーダーで見られるが、ひかりTVはそうはいかないのだから。

 NTTとしては地上波のIP再送信をどうしてもやりたかったのかもしれないが、ほんとうにこれでよかったのか。欧州でも北米でも、IPTVはそれ自身では収益のあがる事業になっておらず、ユーザ獲得のエサでしかない。実際のサービス内容もその程度のものだ。NTTはFTTHで独占的な地位を持っているが、そのこと自身の是非はおいておいて、FTTHを使った放送サービスについては他社が太刀打ちできないのだから、もう少しユーザに分かりやすいサービスを提示してもいいのではないのだろうか?

« フレッツIPv6設定ツールのトラブル | トップページ | スカパー!光 : BSデジタルパススルー開始時期決定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/40282778

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりTVとスカパー!光:

« フレッツIPv6設定ツールのトラブル | トップページ | スカパー!光 : BSデジタルパススルー開始時期決定 »