2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« アクトビラで TSUTAYA がビデオレンタル 700円? 冗談でしょ | トップページ | フレッツIPv6設定ツールのトラブル »

2008年2月20日 (水)

NTTがBSデジタルを有料再送信? いいかげん目を覚ませ!

 NTTがBSデジタルをNGNで有料再送信するそうだ。

 FTTHを普及させる手だてとして苦労していることは分かるのだが、どうにも現実味が無い。
 5年ごとにアンテナ部分の更新をするとして、月々請求できるのは500円くらいか。それで1日4時間視聴するとして、H.264で10Mbpsにするとしても、音声通話に比べると帯域単価は3桁くらい安くなる。映像配信は、べらぼうに安くて収入に繋がらないのだ。
 音声通話と映像配信ではQoSが違うなどというたわごとを言う輩がでてくるかもしれないが、実際のところ大して変わりは無い。有料と言いつつ、音声通話の千分の一のコストでサービスを提供することが、はたして合理的と言えるだろうか? そんなことをするなら、通話料金をもっと下げろと言いたい。通話料金を10分の1にして、通信量を20倍にするとかの工夫をする方が、よほど合理的ではないのか?

 IPTVなんて、商売として割があわないのは、世界的に共通認識になりつつある。フランステレコムの Orange TV などは、100万を超える視聴者を集めているが、ブロードバンドサービスもひっくるめて、月額5,000円にもならないとか。タイムシフトやらネットワークDVRやら本来の放送以外の機能で収益増を追求するところが増えてくるだろうが、放送局の権益保護でガチガチの国内では、それもままならない。
 BSデジタルは地デジ再送信のように放送エリアを気にしないでいいからやりやすかったということもあったのだろうが、ビジネスにならないのは変わりないのだ。無駄なあがきをやめて、地道に検討したらどうか。 ユーザが大金を払うのは、コンテンツではなくユーザ間のコミュニケーションに対してであるということは、携帯電話でも十分に証明されている。

« アクトビラで TSUTAYA がビデオレンタル 700円? 冗談でしょ | トップページ | フレッツIPv6設定ツールのトラブル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/40200661

この記事へのトラックバック一覧です: NTTがBSデジタルを有料再送信? いいかげん目を覚ませ!:

« アクトビラで TSUTAYA がビデオレンタル 700円? 冗談でしょ | トップページ | フレッツIPv6設定ツールのトラブル »